第2回 MK杯ゴルフコンペ

2023年8月27日『第2回 MK杯ゴルフコンペ』を開催しました。
今回も第1回大会と同じ、茨木高原カンツリー倶楽部「6組22人」参加の開催でした。

★現場と同様に安全朝礼を行い、いざスタート❕
『今日も一日 安全プレーで頑張ろう❕』
『ご安全に❕』

第1回大会は、雨と霧で最悪のコンディションでしたが、
第2回大会は、天気も良く最高のコンディションでした。😊

第1回大会

第2回大会

※実は 池があったんです(^^;

天候に恵まれ、プレーもスムーズに進みお昼も50分程度と最高でした。
自己ベストのスコアーを出した人も数名おられました。😊

プレーが終わり 表彰式。
入賞された方々『おめでとうございま~す』(^^)v

当日賞として、社長より『ホールインワンの記念品』で作られた
『QUOカード 1万円分❕』を『3枚❕❕』も差し入れしていただき
『QUOカード争奪 ジャンケン大会』で盛り上がりました。

今回も 怪我・トラブルもなく 無事に閉会出来ました。
参加者の皆様 お疲れ様でした。次回もご参加 お願いしまーす。(^^)v

ペットボトルキャップ  part3

会社でペットボトルのキャップを集めております。
がしかし!残念なことにキャップそのまま捨てられてたりと、社内ルールが徹底されていなかったりしていました。
弊社では、「キャップボトルを集める」⇒何のためか???
⇒「世界の子どもにワクチンを」で始めていることを再認識する!

「これくらい大丈夫だろ。」
「まぁいいか」
「すっかり失念してた」
ちょっとしたことが、大きな事故やミスを誘発することにもなりかねないので、今後はキャップ集めだけに限らず小さなことも積み重ねでミスや失念等を減らしていこうと今回の事象で改めて再認識を致しました。

ご安全に!

第1回 MK杯ゴルフコンペ

弊社の創立15周年を記念してのこの企画、6組21人参加の開催でした。

が、 1日中 雨と霧!

30ヤード先も見えない状況で フェアーウェイに打ったボールも ロストボールになる有様で、最悪のコンディションでした。

フロントに
『今日は、お客さん少ないけど 他に何組入ってるの?』 と聞くと
指で3本の答え。
『3組?』
『・・・いえ。3人です!』・・・だって(^^;

ほぼ貸し切り状態で 前後気にせずプレーできた事だけが良かったです。

怪我・トラブルもなく 無事に閉会出来ました。
参加者の皆様 お疲れ様でした。
雨と霧!一生忘れられないゴルフコンペになったと思います。(^^;
これに懲りずに 次回もご参加 お願いしまーす。V(^^)v

日帰りカニ旅行

3月の最終日曜日の社員全員ではありませんが、兵庫県香住柴山でカニを食べに行ってきました。例年は2月ごろなのですが、今年は予定が合わずこの時期になってしまいました。3時間ほどで料理旅館に到着し、通された部屋に入ると、囲炉裏の周りにはカニ!カニ!カニ!

かにしゃぶ、焼きガニ、カニみそ、カニ鍋を皆黙々と食べ、お腹いっぱ食べました。始めて来たものはこんなにカニを食べたことないと感激しておりました。

シメは雑炊にして頂き、今シーズン最後のカニを堪能しました。

帰りは、湯村温泉に寄り道し、温泉玉子を作って、お土産にしました。

一日中あいにくの雨模様ではありましたが、気持ちは晴れ晴れ、お腹はポカポカでした。来年もカニが食べれるよう頑張って働きたいとい思います。

一級河川六軒家川防潮堤補強工事(嬉ケ崎橋上下流)竣工

大阪市此花区の正連寺川から安治川に繋がる六軒家川(嬉ケ崎橋上下流)で、2021年11月から2023年3月まで行った工事です。無事竣工検査を終え完了致しました。

大阪市は平坦な低地が広がり、水害に非常に弱く高潮や津波による浸水が想定されています。また南海トラフ地震が起きると防潮堤の基礎地盤が液状化し、防潮堤そのものが転倒したり破損し甚大な被害をもたらします。

新・大阪府地震防災アクションプラン

基本目標:
発災による死者数を限りなくゼロに近づけるとともに、経済被害を最小限に抑える」ことを究極の目標として、地域防災力強化に向けた自主防災組織の活動、食糧や燃料等の備蓄及び集配体制の強化等と共に防潮堤の津波浸水対策として補強工事が進められ、その一部ですが一翼を担える事が出来ました。

近隣の方々、発注者様、協力業者様 御協力ありがとうございました。

● 嬉ヶ崎橋から下流に向かって右岸・左岸に笠コンクリートと張コンクリート施工。
奥に見えるのは阪神電車

● 上流に向かって奥の橋が嬉ヶ崎橋、橋の両側で地盤改良工事を施工

市道佐保14号線道路緊急維持工事完成

会社の近くの市道が、昨年9月の台風による影響が道路の一部が崩壊し、通行出来なり、弊社へ道路復旧の工事要請がありました。それほど大きくはない災害ではありましたが、図面もない状態でしたので、何度か現地調査を行い、どのような工法で復旧するのが良いかを検討し、市役所と打ち合わせを行い、2月初旬より工事に着手し、協力業者も意欲的に作業をしてくれたので、予定よりの早く10日ほどで完成しました。地域の方々にも「車が通れるようになって良かったありがとう」とお声掛けもいただき、小さな工事でしたが、やりがいを感じた工事でありました。

リフレッシュゴルフ♪

2月19日に社員でゴルフに行ってきました。
約2ヶ月前から予約し、練習もしてさあ本番のはずが朝から雨…⤵

前半は雨の影響も受けながらも耐えのゴルフとなり、昼食にて英気を養い後半は気持ちを入れ替えてスタートしましたが、大荒れとなり残念な結果となりました。
そんな大荒れの中、後半ショートホールではベタピンにつけこのホールだけは、テンションが上がりました。⤴

やはり練習が足りてませんね… 奥が深いですゴルフは良いリフレッシュになりましたので、明日からの仕事を頑張ります。

大県本郷線 立体交差 工事完成

およそ2年の長期に渡り進めておりました 『都市計画道路 大県本郷線 立体交差取付擁壁築造工事(その2)』の工事が完成しました。

この都市計画道路大県本郷線は国道170号線(大阪外環状線)と国道旧170号線を結ぶ 東西道路の基幹道路の1部区間工事であり、JR大和路線をアンダーパスにすることによって、 東西地域の交通利便性を高める工事でありました。

今回の工事はJR大和路線から東側の約110m区間のアンダーパス工事で道路の擁壁までを 施工しました。

JR大和路線への接近作業があり、近接作業の協議から施工に対しての制限もあり、 私自身初めてのことで勉強になりました。
現場が狭く資機材ヤードも取れない中で、大型車搬入時も現場待機ができない上、付近道路も狭く待機なく搬入できるよう計画を密に行いました。

何より、無事故・無災害にて30,000時間を達成して、工事完成を迎えることができました。

地元近隣のみなさまにはご迷惑お掛けすることもありましたが、大変お世話になり ありがとうございました。

また、発注者様、協力業者様にもお世話になりありがとうございました 。

着工前

完成(車道部)

完成(歩道部)

完成予想図

十日戎

こんにちは、工事部のKです。

今年も恒例の、茨木神社の十日戎に参拝して来ました。感謝の気持ちを込めて、福笹や授与品をお返しし、新たに購入すると、また心機一転、今年も頑張るぞ!と士気があがります。

2023年も、無事故で商売繁盛、活気あふれる村上建設(株)でありますように。

残念なゴミ

こんにちは 工事部のKです。

先日、バイクの車検の為、会社近くのバイク屋さんにバイクを持って行き、帰りは会社まで徒歩で帰りました。

数年前から、愛犬の散歩で歩く事が多くなり、バイクや車での移動では見られない風景を見ながら歩く事にしています。今回も気分を変えて歩こうと思い歩いていましたが、目に入るのは道路際に捨てられているゴミばかりでした。

走行中のポイ捨てなのか? まさか、わざわざ捨てにきているのか?などと考えながら、約1kmの道のりを歩きました。

捨てられていたゴミ袋にゴミを拾いながら歩きましたが、当然一人で全てを拾うのは無理量でした。

誰が捨てたのかはわかりませんが、自分の家や会社の前に同じことをされて、どう思うのか?

残念な人たちです。